番外札所 東光山 花山院[菩提寺]

〜有馬富士 ふもとの霧は 海に似て 波かときけば 小野の松風〜

2008・4・25

ここは西国三十三ヶ所札所の中でも別格の存在であり、かつては花山院を最初に参詣してから巡礼の旅に出発したと言われています。 私もそれにあやかって、まずはここから出発します。

花山院の場所は阿弥陀が峰と呼ばれ、御詠歌に読まれるとおり、とても眺めのいい場所にあります。 境内へは県道から急坂を登りますが、県道沿いの駐車場に車を置いて歩くのもよいですが、山門まで車で行くこともできます。 私ですか?? もちろん山門まで車で・・・・。"^_^" 標高418mの境内には有馬富士や三田の町並みが一望できる展望所があります。
展望所からは有馬富士が見えます

瀬戸内海や小豆島も一望できるとのことですが、今日はあいにくそこまでは眺めることができませんでした。 時折、ご夫婦連れとすれ違う程度ですので、展望ベンチも独り占めです。 しばらく展望ベンチに座って、ぼ〜っと展望を楽しみながら、いろんな思いに考えを巡らせて時を過ごしました。 今までのこと、これからのこと、自分のこと、自分の周囲の人のこと・・・。 こんな時間を長いこと、忘れていた気がします。 山寺の風情が漂うこのお寺は、静かで清浄な空気を満喫でき、時間を忘れてしまいます。
花山法皇殿の札が掛かっている本堂

薬師瑠璃光如来を安置する薬師堂です

願いを込めて祈願した賢者地蔵さま

本堂の隣りには薬師堂があり、その隣りに直接手を握って祈願することができる七体のお地蔵さまが立っておられます。 祖父地蔵・祖母地蔵・父地蔵・母地蔵・子供地蔵・結び地蔵・賢者地蔵の七体です。 私は賢者地蔵、母地蔵と握手をし、自分の今後をお願いしました。 経文をお持ちの賢者地蔵の隣りにはこう記されています。

『本当に賢くて知恵のある人となれますように。私にお地蔵さまのお力を与えてください。 私に勇気と知恵をお与えください』

また蓮華をお持ちの母地蔵の隣りには 『泥沼に咲く蓮の花のように華やかな心を持って、母・妻・嫁それぞれの立場で私らしい人生を歩みます。 私にお地蔵さまのお力を与えてください。私に調和と安らぎをお与えください。』
花山院で買った納経帳と笈摺

花山院では、納経帳と笈摺を買いました。

花山院の帰りに、以前から行きたいと思っていたハーブショップに足を伸ばしてみました。 三田市木器にある <は〜ぶしょっぷ香器> というお店です。 自分好みのハーブをブレンドして、飲ませてくれます。
ハイビスカスの氷を浮かべています。ほんのり酸味があります

私はローズヒップにハイビスカス、レモングラスにジャスミンをブレンドしたお茶を作っていただきました。 狙いは美白と若返りです(*^。^*)。 お店のご主人と奥様にハーブのお話をたくさん聞けるアットホームで、親しみやすいお店です。 お茶のほかにも、パスタとケーキとサラダ、どれもハーブを使ったハンドメイドです。 お店でブレンドされたハーブティーのパック2袋とハーブのお香を買って帰りました。
美白と若返りのハーブティーです(#^.^#)

お線香じゃありませんよ

  今日ドライブした場所は、私の田舎を思い出させてくれる懐かしい匂いのする場所でした。 車を走らせながら見える風景は、田んぼのあぜ道、畑の農作業、私の生まれ育った場所と同じ光景です。 春の陽射しに包まれた田園風景は、本当に心が和みます。 田舎者の私は、田舎の風景が大好きです。そこに私の原点があるからなのかもしれません。 ただ無邪気に遊んでたあの頃、父や母の畑仕事のお手伝いをしながら一緒に食べたおやつ・・・子供の頃の風景が重なります。 故郷には懐かしい思い出がいっぱい詰まっています。 特別な場所じゃなくでも、これと言った見所がなくても、そんな風景と空気が好きです。 生まれ故郷を遠く離れても、近くにそんな場所を発見できて、心が暖かくなりました。




indexへもどる
inserted by FC2 system