京阪沿線 西国札所巡り


2010・2・4

今日は久しぶりに時間ができたので、西国巡礼に出かけました。 京阪沿線にある西国札所を順に巡ります。 京都はぶらりと歩くのにとっても楽しい町です。 電車は最小限にとどめ、歩けるところはぶらぶらと歩いて回ってみました。 最終的にはかなりの距離になり、翌日おーどりーの足が筋肉痛になったのは言うまでもありません。 おまけに2月の京都はとっても寒い・・・(*_*;

まずは京橋駅から京阪電車、東福寺駅下車。 ここから徒歩で15分。涌泉寺の山門から入ります。

第15番 新那智山 観音寺 【今熊野観音寺】
〜昔より 立つとも知らぬ 今熊野 ほとけの誓い あらたなりけり〜

泉涌寺山門から今熊野観音寺
観音寺本堂です
観音寺の大師堂
医聖堂(多宝塔)

山門を入ると、本堂・地蔵堂・大師堂・鐘楼などの建物が立ち並びます。 本堂から山のほうへ進むと、朱色が鮮やかな医聖堂(多宝塔)があります。 総檜造りで高さは16mもあります。 なかなか圧巻です。

東福寺駅から次は五条駅下車。
第17番 補陀洛山 六波羅密寺
〜重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば〜

このお寺には山門がなく、石欄で囲ってあるだけで道路から本堂が眺められます。 町中にあり、庶民に溶け込んだ雰囲気のお寺です。 本堂は鮮やかな色彩の本瓦葺寄棟造り。 御本尊の十一面観世音菩薩様が祀られています。 西国札所の中では、かなり近代的な様相のお寺です。

次は六波羅密寺
六波羅密寺本堂です
十一面観世音菩薩

続いて、3か所目は神宮丸太町駅下車。
第19番 霊ゆう山 行願寺 【革堂】
〜花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん〜

寺町通りに面して山門が立ち、入ってすぐ正面に本堂です。 こじんまりしていますが、庶民に親しまれ信仰を集めた雰囲気漂うお寺でした。 偶然にも納経所の方が私と同じ市の出身の方だったので、「寒い中お参り、御苦労さま」とお餅をお土産にくださいました。 ありがたいことです。

革堂から歩いて六角堂へ
六角堂本堂
革堂の本堂です

そのまま歩いて4つ目の札所は。
第18番 紫雲山 頂法寺 【六角堂】
〜わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり〜

本堂は通称「六角堂」と呼ばれる六角形の堂です。 京都の中心地 オフィスビルの合間に建っています。 ここで、六角堂のお線香を購入。 上品な香りのお香です。

オフィスビルに隣接してます
六角形です
何でも六角形です
鐘楼は境内の外にあります

京都をぶらぶらと歩きながら、足が痛くなったり寒さに身を縮めたり・・・・ 歩く巡礼は、巡礼の魅力を体で受け止め、じっくりと味わい、ゆったりとした気持ちになれる気がします。 ほんの少し歩いただけで、知ったかぶりですけど・・・・(*^_^*) 今日は敢えて、清水寺を外しています。 清水寺は後日、時間をかけて巡礼に訪れたいお寺です。




indexへもどる
inserted by FC2 system