暁晴山とノルウェイの森


2010・ 9・ 4   暁晴山1077m

すっかり夏バテしてしまったおーどりー、もう3か月ばかり夏眠しています(@_@。
口を開けば“暑い”、あいさつはいつも“毎日暑いですね”ばっかり繰り返す毎日。
もう暑さにはうんざりしています(-_-メ)
“だれか〜!!私を涼しい所に連れってって〜”と叫んでみたら・・・叫んでみるもんですね〜(=^・^=)
涼を求めて、今日は峰山高原のホテル「リラクシア」でランチしました。
遅めのスタートですが、ホテルでランチしたあとは、暁晴山に登る予定です。
ホテルリラクシア
ランチはまあ、そこそこ・・・って言うか待たせ過ぎ!! でも、窓からの景色が素晴らしいのでそれでカバーできました・・・(^^ゞ 山の緑を眺めていれば、そのうちにランチが運ばれてきます。
すご〜く待たされたランチ
ランチのあとは、暁晴山に登ります。 初級者向け、登り30分とありますが、おーどりーの場合は +30分です。 標高1077m。 ホテルの標高がすでに高いので、もうそんなには登らなくていいかな・・・ という安易な考えで登り始めます。 ホテルのガイドマップにも、30分とあります。 舗装路をゆるゆると歩くこと約40分。
ゆるゆると舗装路を登ること40分山頂1077m
標識も整備されているし、ずっと舗装路のままで、急登りもないので散歩のように歩けます。 思ったより涼は感じられませんが、時折日陰に入ったり、風が吹いたりすると、 下界では感じることのできない、心地よく涼しい風が体を包んでくれます。 でも山頂に到着する頃には、すっかり汗だくになっていました。 標高1077mの山頂には、一等三角点がありました。 360度の大展望ですが、山頂には電波塔などの施設があり、感動は薄かった・・・(@_@。 それでも3か月ぶりの山頂は、おーどりーにとっては達成感で満たされていました(*^_^*) 山登りとは言い難い山でしたが、夏バテで弱り切ったおーどりーには、いいリハビリになりました。 リラクシアのすぐそばに、雑木の森があり森林散策路が整備されています。 そこだけでも、結構歩きごたえがあります。でもとっても素敵な森です。
こんなのがいっぱい建ってます
そこは、この冬に公開される映画「ノルウェイの森」の撮影地になった森で、直子が治療していた京都の療養施設という設定です。 菊池凛子という設定には納得がいきませんが、楽しみな映画ではあります。 こんな場所を撮影地に使おうと思った人はいったい誰なんでしょう。 静かで自然なまま、残っていてほしい森ですが、きっと今後たくさんの人が訪れることでしょう。。。。
ノルウェイの森
夏の終わりなのに、夏の真っ盛りのような暑い一日でしたが、ようやく夏眠が開けそうなおーどりーの一日でした。




indexへもどる
inserted by FC2 system