おーどりーの休日


2010・ 2・14

今日はバレンタインデー・・・(あとで気がつきました) ふと、時間ができたので一人旅をしてきました。 決して傷心の旅というわけではありません。ご褒美の旅です。

今日のお泊まりはここ

場所はどこでもよかったので、知人が訪れてホテルからの眺めがきれいだったという情報だけで、 皆生温泉の「ベイサイドスクエア皆生ホテル」に決めしました。

朝の高速道路情報で米子道が一部チェーン規制に・・・ 急遽、高速バスに飛び乗って皆生に向かいます。 途中、雪を被った蒜山・大山がとても美しかったです。 自分でハンドルを握っていると景色を堪能することはできませんが、高速バスっていいです・・・・。 すっかり高速バスファンになってしまいました。 バスで3時間で米子駅に到着。そこから地域の路線バスで15分で皆生温泉到着です。

まあ〜驚くほど寂れた温泉です(皆生の方、ごめんなさい・・) 観光地としては、ほぼ死んでいるような街です。 巨大なホテルはいくつかありますが、土曜日というのに観光客らしき人は一人も見当たりません。 おみやげ物屋さんもありません。 怪しげなお店が軒を連ねていますが、流行っている様子はなく・・・。 でも、観光や娯楽が目的ではないので、気にはなりません。

温泉が沸いてます

ホテルは昨年オープンした「ベイサイドスクエア皆生ホテル」 小じんまりしたホテルですが、オーシャンビューの客室からの景色は日本海・・・・ 雰囲気と眺めは最高です。 リビングとベッドルームが一つになった、とっても快適なお部屋でした。 悲しいかな、一人旅なのにベッドが二つのお部屋・・・・(う〜ん・・・さみしい・・・) 海辺と街を少し散歩してみると、さすがは日本海、すっかり体が冷えてしまいました。 私の知っている冬の日本海は淋しく、激しく荒れているのですが、ここは波も穏やかでとても静かです。
ベッドは二つあるけど・・・
窓の外は日本海
冬なのに穏やかでした

ゆっくりと温泉に浸かり、冷えた体を温め、疲れを癒します。展望露天風呂からは海が開け、波の音だけが聞こえます。 夕食はホテルのお食事処でいただき、地酒をチビチビ飲んでいると、お食事処の経営者は私が一人旅と知るや、 自殺でもすると思ったのか、やけに親切にしてくださりいろんな地酒をごちそうしてくださいました。 おかげで飲みすぎてしまい、夜の温泉に入りそびれました(*_*; こうして人情に触れ、人との出会いがあるのもまた一人旅のよさです。
展望露天風呂
内風呂です

ホテルの窓から見える景色は、日本海。 聞こえるのは波の音・・・・ ときどき、ふっと一人になって温泉でのんびりしながら、本を読んだり、散歩をしたり、 ホテルの窓から見える景色を眺めてぼ〜っとしたりするのが、私の究極の贅沢・・・。 何をするわけでもなく、ただただ時間が過ぎてゆくのに身を任せて、自分の心の内側に寄り添いながら時を過ごす。
部屋の窓から
鳥もひとりぼっち

そして一泊二日が終わり、現実に戻る。 また同じ毎日が始まります。




indexへもどる
inserted by FC2 system